本文へ移動

憧れのサーファーズハウス!

大貫ハウスで家を建てようと思ったきっかけは?

色々なハウスメーカーを見て回った中で、地元に根付いた工務店の方が力になってくれると思い、インターネットで「大貫ハウス」さんを見つけたんです。
 
資料請求すると、すぐに返事をいただいたので、早速笠原展示場に足を運びました。展示場では、営業担当の方だけでなく、1級建築士の方にも同席していただき、アットホームな雰囲気で色々なお話しをさせていただきました。
正直、「こんなに親身に話を聞いてくれるの?」と、それまでの住宅会社さんとのギャップがありすぎて戸惑いも(笑)
 
その時は平屋のサーファーズハウスが理想でしたが、予算を考えるとせめて平屋だけでも実現できればと思い、「海に入る生活スタイルです」ぐらいしかお伝えしていなかったんです。
 
そして2回目の打ち合わせの時に、担当者の方が突然雑誌を持ってきて、「予算内で、このような格好いいサーファーズハウスを建てましょう!」と提案していただいたんです!
サーファーズハウスは無理だと思っていましたので、その提案に驚いたのと同時に、「これを建てたいんです!」とお伝えしたのを、今でも覚えています。

家づくりでこだわった部分は?

「サーファーズハウス」をコンセプトにしましたので、大きな窓を配置したリビングと、木目が特徴的な外観、そしてウッドデッキは外せないポイントでした。
 
さらに配管が露出している屋外のシャワー、トイレの天井のヘリンボーン、ゲストルームのアクセントクロス、外構のアメリカンフェンスなどもこだわりです。
 
そのほか大貫ハウスさんには、海から帰ってきて外でシャワーを浴びて、玄関にロングボードを収納してからお風呂に入るまでの「動線」だけでなく、ホワイトウッドが特徴的なキッチン、見た目に配慮した壁埋めのエアコン、リビングのシーリングファンなど、プロならではの提案をしていただきました。
 
土地探しから、間取りプラン、そしてこうした一つ一つについてスムーズに決まったのも、私の理想の家と、担当者の方とのイメージが、打ち合わせ段階でしっかりと共有できたいたのが大きかったんだと思います。

実際に暮らしてみていかかですか?

夏は涼しく、冬は暖かくて快適な暮らしを送っています。
何よりも、住んでみて嫌なところがないのが驚きで、毎日早く家に帰りたくなります!
 
今でも、家を出る時や帰ってきた時に自分の家を見ると、「格好良い家だな!」としみじみ思っていますね(笑)
友人からも「こういう家を建てられたら良いよね!」「家づくりの参考にしたい」と、嬉しい声もいただいています。
 
本当に大貫ハウスさんにお願いしてよかったです!
 
ありがとうございました!
TOPへ戻る